「無料お試し読み」や「立ち読み」は電子書籍ならではの機能!
「無料お試し読み」や「立ち読み」は電子書籍ならではの機能!

無料お試し読みとは?

電子書籍が普及するまえまでは、書店やコンビニで立ち読みという行動をしていたかと思います。この「立ち読み」行為が無料お試し読みに近いといって良いでしょう。

ただ立ち読みは書籍を販売しているお店からすると短時間で少しだけ内容を見ていただき購入するかどうかの動機づけの位置するものです。ですから長時間好きなだけ立ち読みをされると迷惑な行為になりかねません。また自分が手にとっている本が他人に知られたくない本の場合には人目も気になることだと思います。

電子書籍の場合は、無料お試しや立ち読みのために一部公開しているものもあり遠慮することなく見ることができます。また電子書籍は書店などと違い人目を気にする必要性がありません。無料お試しや立ち読みでお店に迷惑行為になることもありません。むしろ電子書籍では「無料お試し読み」や「立ち読み」を積極的にするほうが良いです。

なぜなのか!?と言いますとデジタルコンテンツであるがゆえに中身は原則購入しないかぎり見れないからです。内容をみて続きを読みたいなと思えば購入すると良いですし、気に入らなければ購入しなくて良いのです。

また電子書籍を販売しているサイトも購入するきっかけとして「無料お試し読み」や「立ち読み」を公開しているのです。このことから「無料お試し読み」や「立ち読み」は積極的に行なうのが良いというわけです。

デジタルコンテンツのメリットを周囲にも広めよう!

電子書籍はデジタルコンテンツであり、いつまでもきれいな状態で読めます。紙媒体の本や書籍はいつか古びて捨ててしまおうかなと思ってしまいます。

これがデジタル化された電子書籍であればいつでもどこでもきれいな状態で読むことが可能です。また、最近の電子書籍は普及したスマートフォン向けに読みやすいように表示されます。

例えば漫画で言うなら主人公のセリフが書籍をタップするたびに吹き出しにセリフがでてきたり、縦長や横長の描写であれば自動でスクロールしたりします。

また凝った電子書籍であればセリフは声優さんが吹き込んでシーンに合わせて声が出たりします。デジタルコンテンツならではの機能が取り入れられた電子書籍は本や書籍といった概念を良い方向に発展させたすばらしいコンテンツだと思います。

だからといって紙媒体がよくない、つまらないということではありません。紙媒体は紙という特徴から内容への創造性を楽しめるものだと思います。電子書籍はこれを発展させエンターテイメント性を持っていると言って良いでしょう。

電子書籍で自由な読書スタイルへ!

紙媒体の本や書籍も自由に持ち運び自由な場所で読むことができます。そんなことわかっていると誰もが思うことでしょう。では、人に見られたくない本や書籍はそんなことできないですよね。

電子書籍こそ自分が本当に読みたい本や書籍が自由な場所や時間で読めるものと思いませんか。スマートフォンを片手に読んでいれば現代では人目を気にせず何も余計なことは他人に思われず読書ができるのではないでしょうか。

電子書籍こそ自分が本当に読みたいものを選べる環境にあるのです。また電子書籍は「無料お試し読み」や「立ち読み」があり書店に行かなくても自分の好きな場所、時間で内容を少し読むことが可能です。自由な読書スタイルとして電子書籍は最適な媒体ではないでしょうか。

まとめ

  • 電子書籍の「無料お試し読み」や「立ち読み」は書店の立ち読みと同じ。
  • 電子書籍の「無料お試し読み」や「立ち読み」は迷惑をかけることがない。
  • 電子書籍の「無料お試し読み」や「立ち読み」は自由な時間と場所でできる。
  • 人の目を気にする必要がない。
  • 本当に読みたい本や書籍は電子書籍が一番手軽に読みやすい。

電子書籍の本や書籍は「無料お試し読み」や「立ち読み」の機能があることも多く気軽に内容を確認できる便利なデジタルコンテンツです。

書店に行かなくても隙間時間で読めるのはユーザーにとって大変便利であり時間の有効活用になります。電車の待ち時間やタクシーに乗っている時間や休憩時間に「無料お試し読み」や「立ち読み」をしていきましょう。

筆者であるわたしも電子書籍は好きで休憩時間や就寝前によく読んでいます。気になる書籍については日中の5分〜10分位時間が空く時間にチェックしてブックマークしたり、ブックマークした「無料お試し読み」や「立ち読み」を読んだりしています。

短時間で内容が確認できるため、時間がとれるときに購入してじっくり読んでいます。最近は書店に行くことも少なくなりましたが書店は書店で実物を手に持って読めることも楽しいものです。でも、人に知られたくない、他人にどうおもわれるか心配と思うものについては電子書籍がやっぱり一番いいですね。

おすすめの記事