電子書籍とはなんだ!?
電子書籍とはなんだ!?

電子書籍とはいったいどういう意味なの!?

私たちは普段から情報を手元で確認する際に雑誌や書籍、広告物などから情報を取得します。これは印刷技術によって作られたアナログな制作物です。では、電子書籍とはなんなのか?それはITデバイスやコンピュータなどの環境で印刷物と同じような感覚で読めるようにしたデジタルコンテンツなのです。

デジタルコンテンツは有料で販売されているものと無料で配信されているのものがあり、インターネットを通じてアクセスし端末にダウンロードして、携帯電話、パソコン、専用の電子書籍リーダーなどで閲覧することができます。

電子書籍が始まった当初は、既存の発行物である小説やマンガなどを電子書籍としたものが主流でした。近年では携帯小説のように、最初から電子書籍を目的としたデジタルコンテンツとして制作されることが多くなってきました。著作者からすると印刷や流通のコストが不要になり、発行したいときに早くできるメリットもあります。

また読者は紙ベースの書籍に比べて安価で、紙媒体の収納に困らないといったところも人気のひとつです。手元のスマートフォンやタブレット、専用の書籍リーダーで読める電子書籍はいつでもどこでも見たいときに見れる、紙という物理的なものを持ち歩く必要もなく1つのデバイスで管理できます。

これから特に学校関連では書籍の電子化がより一層進むことだと感じます。またメンテナンスを行なうことが主体のメーカーさん、例えばコピー機を販売している企業ではメンテナンス時に大量の各機種の資料を持ち歩くことなく、電子化でパソコンや専用端末などでマニュアルを見たりしていることも多くなりました。

週刊誌や月刊誌でも紙ベースでの発行から電子書籍での発行へ切り替える媒体も見受けられるようになり、私たち個人でも電子書籍に触れる機会は多くなりました。

電子書籍の定義とは

電子書籍という言葉はよく耳にすることだと思います。では電子書籍と言われる範囲はどこなのか?と疑問に思うことだと思います。

電子書籍の定義は簡単に言ってしまうと、ユーザー側での加筆、編集ができない状態かつ電子デバイスで読めることだと思っていいと思います。このことから、電子書籍のデータ種類はいくつか存在しています。パソコンを利用している方はPDFというデータ形式を目にすることも多いと思います。

このPDFは10年以上前からデータ形式として存在しており、現在のように電子書籍と言われる前からあった形式です。電子書籍の元祖といっても良いくらい世界でメジャーなデータ形式です。その他EPUB形式なども存在しています。

最近ではレスポンシブ対応が可能になったHTML5形式も電子書籍のような作りに対応しており電子書籍は時代とともに進化しています。

電子書籍のメリットとデメリット

時代の流れで進化してきた電子書籍ですが、メリットとデメリットがあります。

デメリット

  • 紙の本のような本をもっているという実感がない。
  • 電子媒体の特性上、他の人に貸与、売却はできない。
  • 紙媒体のように中古本で安く購入することはできない。
  • 使用するデバイスによって可読性が変わる。
  • まだまだ紙媒体でしか販売していない書籍はいっぱいある。
  • 電子書籍をとりまとめる企業が倒産すると読めなくなる可能性がある。
  • 紙と違いデバイスで書籍を読むということに多少なり慣れる必要性がある。

メリット

  • デジタルの特性上、書棚が不要なので場所を取らない。
  • 意外に割引やキャンペーンで安く購入できる場合がある。
  • 決済すれば、いつでもすぐに本が読める。
  • 無料で読める書籍もそこそこある。
  • 現物がないのでデバイス1つですべて持ち運びできる。
  • 書籍販売サイトで検索機能を使えばすぐに書籍を探せる。
  • 周囲から知られたくない、見られたくない書籍も読める。

デメリットとメリットを書いてみましたが、私はメリットのほうが高いと感じます。当然ではありますが人それぞれで価値観は違いますので参考程度にと言うことで認識していただければと思います。

電子書籍をオススメできる人とは!?

電子書籍を購入しても問題ないと思う人は以下のリストに1つでも当てはまれば問題ないと感じます。

  • スマートフォンやタブレットでいつでも気軽に読みたい!
  • 書棚や保管場所を設置したくない!
  • 自分の好きな場所・好きな時間に大好きな本を読みたい!
  • できれば本は極力安く購入したい!
  • 人目を気にせず気になる本を購入したい!

電子書籍は「利便性」や「手軽さ」に優れています。キャンペーンなどでお得に本を購入できることに魅力を感じる人には向いています。

まとめ

  • 電子書籍は紙媒体を画面で読むために開発された。
  • 最近ではメンテナンスマニュアルや約款なども電子化が進んでいる。
  • 電子書籍はユーザー側で加筆、編集ができない媒体である。
  • 電子書籍の元祖はPDFといっていい。
  • データ形式はさまざまな形式がある。
  • デメリットよりもメリットが大きい。
  • 人目を気にしないで購入、読書ができる。

電子書籍は、まだまだ需要が伸びていく分野であることは間違いありません。電子書籍を購入するにはキャッシュレスであるクレジットカードやキャリア決済、他さまざまな決済方法があります。現金での支払ができないことがデメリットの1つかもしれません。ですが、それを上回るメリットを感じられるのが電子書籍です。わざわざ書店やコンビニにいかなくても仕事終わりや就寝前に、この本読みたいなぁと思えばすぐに決済して読むことができます。このメリットを最大限に活かすことができることとして、自分の趣味や思考というのは他人に知られたくないこともあります。例えば書店で本を選んでいるときに偶然に会社の同僚、学校の同期、ご近所さんに遭遇してしまった!見られた相手に「へぇ〜そんな本選んでいるんだ」と思われるかもしれません。また偶然知り合いに遭遇したが相手は別に気にしていなくても、自分がこの人に見られた、こんなこと思われているかもしれない、誰かに手にとった本のことを話されるかもしれないといった考えが浮かんでしまいます。電子書籍であれば、その心配はほとんどないと思って良いでしょう。これを気に電子書籍のメリットを活かして自由な読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事